周囲3.8kmの小さな島、志々島。
江戸時代後期から漁業の島として栄え、
戦後は除虫菊や唐辛などの栽培が盛んに行われました。
最盛期の島民は1,000人超。
しかし、現在は過疎化が進み、島で暮らす人はたった19人に。
このまま島から人が減り続ける現状をどうにかしたいと、
志々島のために活動を続けてきた3人が興した会社。
それが、平成27年4月に設立した「志々島振興合同会社」 です

志々島へ来たらパワースポット大楠へ行こう

Power spot
志々島のシンボル大楠。山道を登って辿り着くと、そこは聖域。肌と気でパワーを体感してください。
樹齢約1200年の巨木。香川県の天然記念物に指定されています。この大楠は志々島の主と言われている存在。山道を登り大楠の住処へ辿り着くと、そこは間違いなく精霊達が宿る空間。大楠に触れると強い生命力を吹き込んでくれる様な不思議なパワーを感じます。
志々島写真集
大楠、天空の畑、展望台、山道、横尾の辻